ブログ

vol.15 「生活保護の申請は国民の権利です」

新型コロナウイルスへの感染拡大により、2回目の緊急事態宣言が発令されるに至っています。

 

そのような中で、厚生労働省のウェブサイトに、「生活保護の申請は国民の権利です」と明示されるようになりました。

 

 https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/hukushi_kaigo/seikatsuhogo/seikatsuhogopage.html

 

このような表示は、これまでにはなく、大きな変化です。

 

上記ウェブサイトでは、よくある誤解、例えば、住所のない(定まった住居のない)方は、生活保護の申請ができないとか、別居の親族への扶養を依頼してからでなければ、生活保護の申請ができないといった点についても、正しい解説がなされ、「ためらわずに申請を」という呼びかけがなされています。

 

また、これまで、最大9か月間であった住居確保給付金が、この度、一定の条件のもと、12か月間に延長されました。

 

 https://corona-support.mhlw.go.jp/jukyokakuhokyufukin/index.html

 

事業者に対する持続化給付金等、2020年末(申請は2021年1月15日まで)で終了してしまった制度等もあり、新型コロナウイルス感染症の流行が、今後も悪化するかもしれない現在の状況の下では、国による対策や支援は十分とは言えません。

 

ですが、利用できる制度については、この状況を乗り越えるため、ためらわずに申請をご検討いただければと思います。

 

弁護士 角崎恭子

一覧

事務所紹介

事務所紹介
女性共同法律事務所
所在地
大阪市中央区大手前1-4-2 都住創大手前505
業務時間
平日9:00~17:30
電話・FAX
TEL 06-6947-1201 FAX 06-6947-1203
定休日
土・日・祝日・お盆・年末年始
アクセス
大阪市営地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋駅」
1番出口から東へ徒歩5分
JR東西線「大阪城北詰駅」2番出口から西へ徒歩10分
駐車場はございませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。
大きな地図を見る»
お問い合わせ・ご予約
ページトップへ