絵本『井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法』  弁護士 髙坂 明奈

2014.08.01

【現在、産休中です】

私事ですが、お腹に命を宿すことになり、6月から産休に入っております。産休に入るにあたって、弁護士、支援者、依頼者の方など色々な方々からエールをいただきました。ありがとうございます。

思いがけず、妊娠は色々な経験を私に与えてくれました。裁判中に、私が興奮するとお腹の中で普通ではない動きがあり、その動きを感じて慌てて冷静になることもしばしばありました。妊娠が分かってからの9か月間はとても不思議な9か月間でした。

最近、子どもが生まれたときに…と思い、一冊の絵本を購入しました。『井上ひさしの子どもにつたえる日本国憲法』(講談社)です。絵は、いわさきちひろさんが描かれているのですが、優しいタッチでとても癒されます。

この本では、日本国憲法の前文と第9条が、子ども向けにわかりやすい言葉に書き直されています。前文の一部は、「私たちが、同じ願いをもつ 世界のほかの国国の人たちと心をつくして話し合い そして力を合わせるなら かならず戦はいらなくなる」「自分たちのためになることばかり言い立てて ほかの国をないがしろにしてはならない これはいつどんなときでも 守らなければならない決まりごとである」というように言いかえられています。

【大人にも分かりやすく、憲法を考えるきっかけになる一冊】

また、9条の一部については、「私たちは どんなもめごとが起こっても これまでのように、軍隊や武器の力で かたづけてしまうやり方は選ばない 殺したり殺されたりするのは 人間らしい生き方だとは考えられないからだ どんな国も自分を守るために 軍隊をもつことができる けれども私たちは 人間としての勇気をふるいおこして この国がつづくかぎり その立場を捨てることにした。」と書かれています。私自身、この絵本を読んで、改めて憲法の崇高さに感じ入りました。

しかし、今、政府は憲法を改悪しようと動き、解釈論でも憲法を捻じ曲げようとしています。国民全員が憲法について考える時なのだと思います。この絵本は、大人が読んでも分かりやすく、憲法を考えるきっかけになる一冊です。お腹の子がこの絵本を理解できる年齢になったときに、憲法の内容が変わっていたり、また、絵本に書かれている内容と現実が異なっていることのないように、できることをしていきたいです。

★この原稿を書いた後の7月1日に無事、男児を出産いたしました。

事務所紹介

事務所紹介
女性共同法律事務所
所在地
大阪市中央区大手前1-4-2 都住創大手前505
業務時間
平日9:00~17:30
電話・FAX
TEL 06-6947-1201 FAX 06-6947-1203
定休日
土・日・祝日・お盆・年末年始
アクセス
大阪市営地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋駅」
1番出口から東へ徒歩5分
JR東西線「大阪城北詰駅」2番出口から西へ徒歩10分
駐車場はございませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。
大きな地図を見る»
お問い合わせ・ご予約
ページトップへ