お役立ちQ&A

営業時間外でも電話での受付は可能ですか?

営業時間外のお電話は受付しておりません。
ご予約フォーム(コチラ)をご利用ください。

事前予約は必要ですか?

はい。
まずはお電話またはメールにて法律相談予約のお申し込みをしていただき、事務所へお越しいただく日時を決めさせていただきます。

その際、ご相談内容をお伺いします。

子どもを連れて行ってもいいですか?

お子様と一緒にご来所いただけます。
とくに小さいお子様は離れていると不安になると思いますので、お子様と一緒にご遠慮なくお越しください。
_Y600Q3710

離婚の意思が固まっていなくても相談はできますか?

はい。大丈夫です。
「離婚すべきかどうか」で悩まれているといったご相談をはじめ、「離婚した後の生活が不安」「夫から離婚を切り出されたが、離婚はしたくない」など様々なご相談に対応しております
どうぞお気軽にご相談ください。

初回の相談費用はかかりますか?

30分あたり¥5,000+消費税ですが、女性のご相談につき、初回は無料です。
経済的に相談料の負担が難しい方は法テラス(日本司法支援センター)の民事法律扶助をご利用いただくことも可能です。
ご相談だけでも、お悩みのある方はお気軽にどうぞ。

相談するのは女性の先生がいいのですが。。。

ご安心ください。
当所に在籍する弁護士は女性弁護士のみです。
丁寧に対応いたします。

出張相談は受け付けてもらえますか?

基本的にはご来所いただいておりますが、一度ご相談ください。

駐車場はありますか?

申し訳ございませんが、駐車場はございません。

近隣にあるパーキングをご利用ください。

夜間や土曜日・日曜日・祝日も相談できますか?

営業時間外をご希望の場合、一度ご相談ください。

法律相談と委任契約は違うのでしょうか?

法律相談というのは、1回もしくは数回程度、面談で、弁護士に対して相談をし、その場で、もしくは次回の相談時にアドバイスをもらう、というものです。
当事務所では、30分あたり5000円+消費税で、ご相談をお受けしています。
1回きりのアドバイスではなく、事件全体を弁護士に委任する場合には、弁護士との間で委任契約を結び、共に調停や訴訟を行っていくことになります。
契約は、通常、事件(調停・訴訟など)ごとに行います。法律相談をしたからと言って、必ず委任契約をしなければならない訳ではありません。

委任契約をすると弁護士は、どのような仕事をするのですか?

委任契約をすると、弁護士は、代理人として当事者の方に代わって、法律事務や訴訟活動を行っていきます。
一般的には、書面の作成などは、打ち合わせを行ったうえで弁護士が行うことになりますし、裁判所との連絡も弁護士が行います。
ただ、特に離婚事件は、当事者の意見がとても重要になりますので、調停には、当事者の方も出席する必要があります。

着手金と報酬金は違うのでしょうか?

事件を弁護士に委任する場合には、着手金をお支払いいただきます。これは、事件の成果に関わらずお支払いいただくもので、弁護士が、仕事を始めるための費用です。事件着手時には、その他に実費(印紙代や郵送料等)や日当をいただく場合もございます。

事件の終了時には、成果があれば、報酬がかかります。この報酬の金額や計算方法は、契約時に決めます。
報酬は、おおむね、事件によって支払をうけた金額(経済的利益)の1割~2割程度になります。
経済的に算出できない事柄(例えば離婚そのもの等)についても、契約時に報酬の金額を決めます。

事件を委任した場合、その委任はいつまで続くのですか?

事件(調停・訴訟等)が終了すれば、委任契約も終了します。また、委任契約は、委任者(依頼者様)からも、受任者(弁護士)からも解約できる性質のものです。ですので、どちらかから解約がなされれば、委任契約は終了します。

事務所紹介

事務所紹介
女性共同法律事務所
所在地
大阪市中央区大手前1-4-2 都住創大手前505
業務時間
平日9:00~17:30
電話・FAX
TEL 06-6947-1201 FAX 06-6947-1203
定休日
土・日・祝日・お盆・年末年始
アクセス
大阪市営地下鉄谷町線・京阪電鉄「天満橋駅」
1番出口から東へ徒歩5分
JR東西線「大阪城北詰駅」2番出口から西へ徒歩10分
駐車場はございませんので近隣のコインパーキングをご利用ください。
大きな地図を見る»
お問い合わせ・ご予約
ページトップへ